【テレワーク成功法】家で運動不足を解消!【大手USフィットネス ジムマシン厳選4社】

Modern home gym in the basement. 産業用LCD

4. 32″ 43″ タッチスクリーンが主流に【フィットネス機器メーカー4社】

デジタルフィットネスをリードする4社をご紹介します。共通しているのは、今までになく大きな画面(中・大型液晶サイズ)とタッチパネルが採用されていることです。
各社ともに、オンラインサービス(コネクテッドフィットネス)を展開しており、自宅に居ながら、有名なトレーナーのクラスを受講できたり、全世界同時にライブでフィットネス体験ができたりするなど、様々なサービスを展開されています。これにより臨場感ある画像配信がもとめられていることが、中・大型モニター採用の大きな要因です。

【Peloton】
ペロトン社は、2012年に設立され、2013年にキックスターターの資金調達キャンペーンの支援を受けて設立されたアメリカの運動器具およびメディア会社です。同社はニューヨークに拠点を置いています。参照:ウィキペディア

<Pelton Bike>22インチ HD タッチスクリーン採用 $2,245 (membership $39/mo)
バイク自体は家に設置されることを前提に設計されており、コンパクトというイメージ(日本住宅では、それでも大きいと感じられますが。。)オンラインクラスが充実しており、いつでも手軽にフィットネスが楽しめる内容になっています。月額約4200円ほどの会員費が必要です。

https://www.onepeloton.com/bike

<Peloton Tread> 32インチ HD タッチスクリーン採用 $4,295 (membership $39/mo)
トレッドミル(ランニングマシン)には、さらに大きな32インチ画面が採用されています。こちらもタッチパネルで、トレーナーや他参加者たちとインタラクティブでリアルなワークアウト体験ができます。 

https://www.onepeloton.com/tread

【Tonal】
Tonal社はサンフランシスコを拠点とするフィットネス器具メーカーであり、インテリジェントテクノロジーを使った専門家による指導サービスを提供している会社です。$4,500万(2020年8月現在)の資金調達を得て急速に成長しています。

<Tonel HomeGym>24インチ FHD タッチスクリーン採用 $2,995 (membership $49/mo)
オールインワンマシンを謳うTonelは、インタラクティブな24インチタッチスクリーンと約90キロの負荷に耐えられるフィットネスアームが一つになったマシンです。バイクやランニングマシンなどとは一線を画したデザインが他社との差別化につながっています。面白いとおもうのは、プロの重量挙げ選手専用のプログラムが用意されている点です。簡単なものから、専門的なものまで選択肢の幅があるのも、ターゲットに応じて対応できるネットによるコンテンツ配信が可能にしています。

https://www.tonal.com/intelligence/

【NordicTrack】
NordikTrack社は、US, ユタ州ローガンに本社を置くハイエンド家庭用フィットネス器具を提供する老舗メーカー(設立1975年)トレッドミルや筋力トレーニング機器、エクササイズバイクなどが有名です。

<S22i Studio Cycle>22インチ HD タッチスクリーン採用 $1,999 (membership $468/Y)
22インチインタラクティブタッチスクリーンモニターが採用されています。こちらは日本でも購入可能なようです。
こちらはバイクエクササイズだけでなく、スクリーンを介してヨガなどのクラスも参加可能になっています。

https://www.nordictrack.com/commercial-studio-cycle-series

<X32i Studio Cycle>32インチ HD タッチスクリーン採用 $3,999 (membership $468/Y)
トレッドミル(ランニングマシン)タイプには、32インチHDインタラクティブモニターが採用されています。EXPLORE GLOBAL RUNSと呼ばれるコンテンツでは、世界中美しい浜辺や公園、史跡などをトレーナーと一緒にランニングできます。まるでその場にいるような臨場感を体験させるコンテンツは、今後よりリアルになり、トレンドになることは間違いないでしょう。

https://www.nordictrack.com/incline-trainers/commercial-x32i

【Mirror】
US, ニューヨークに本社を置くMirror社の創設者兼CEOBrynn Putnamは、ニューヨークシティバレエでプロのバレエダンサーとしてキャリアがあり、独自のフィットネメソッドを最新のデジタル技術とミラーディスプレイを採用することで、自宅で気軽にワークアウトできるようにしたことから、フィットネス界に革命を起こしたと言われています。
スタートアップ企業として$3,400万(シリーズB, 2020年8月現在)の資金調達に成功しています。

<Mirror>40インチ FHD 採用 $1,495 (membership $39/mo)
タッチスクリーンではなく、スマートフォン(iOS, Android APP)からコントロールするタイプとなっています。ミラーディスプレイを採用することで、自身のフォームを確認しながらも、鏡内部に映っているトレーナーの指導を、リアルで感じられるコンテンツになっています。他社よりも低価格に設定されており、またミラーモニターが家のインテリアにもマッチすることから、人気を得ています。コンテンツもヨガからボクシングトレーニング、バレーレッスンやメディテーションなども用意されており、様々な年齢層に対応しています。

https://www.mirror.co/

(お願い)各プロダクトにつきましては、各社ホームページからお問い合わせください。弊社ディサイン株式会社では、商品のご説明は出来かねますのでご了承ください。

関連記事
インタラクティブミラーモニターでホームトレーニング
(ディサイン株式会社ウェブサイト_アプリケーション)
43インチのミラーモニターで自宅をジムに!

タイトルとURLをコピーしました