ホーム > ディスプレイ関連製品 > 産業用LCDディスプレイ >高輝度LCDディスプレイ

高輝度モニタの必要性


高輝度LCDディスプレイ一覧


なぜLEDバックライト仕様の高輝度モニターが必要でしょうか?

セルフガソリンスタンド、KIOSK端末、デジタルサイネージ、自販機、券売機など屋外もしくはそれに近い環境に設置されるケースが増えています。LCD(液晶)モニターにとって、日中の明るさは建物内と比べるまでもなく大変明るく、真夏の晴天下では80000Lxに達します。一般的なオフィス環境の場合、その明るさは500-1000Lxと言われます。また屋外では季節により温度の変化が激しくかつ太陽からの放射熱もあり多くの問題を抱えています。


問題点
原因
一般のLCDモニターでは画面が見えない 環境光が大変明るいために、輝度300cd/u前後の一般モニターでは液晶表示のための光量が足りません。
寒いとき、輝度が低い 一般的なLCDはCCFL(冷陰極管)を使用しています。CCFLは温度変化による輝度変化が大きく、とりわけ周囲温度が低い場合、十分な明るさを出力することが出来ません。

一般的なPC用液晶モニターやノートブックPCの輝度は、150-300cd/uです。これらの液晶モニターを使用する場所、すなわち屋内環境の明るさが200-1000Lxであるため、この程度の輝度でも十分な仕様といえます。日本工業規格では行動と照度基準としてその明るさが決められており、例えば読書に必要な場所の照度は750Lx前後と基準が示されています。
一方、屋外、明るいテラス、船上といった環境では、この程度のモニター輝度では極めてモニターの視認性が悪くなることがあります。これは、液晶モニターが設置される環境光が屋外に近い場所だと20000-50000Lxと極めて明るいためです。ディサインでは視認性を改善するソリューションの一つとして、強化LEDバックライトを用いた高輝度液晶という方法を提供しています。すなわち、明るい環境光に負けない高輝度、例えば通常の4倍もの明るさの1000cd/u以上をもつことで視認性を損なわない方法です。通常、モニター輝度を上げるだけでは、画像が白飛び現象を起こして鮮明な画像が表示できません。ディサインではコントラスト・色彩をチューニングして高輝度かつ鮮明な画像を再現しています。

 

LEDとCCFLの違いは多々あります。LEDの代表的な優位性は、

高発光効率(低消費電力、同じ輝度で20-30%省電力)

低温動作可能

EMI問題が少ない

広範囲な輝度調節レンジが可能

環境に優しい(水銀なし)

メーカーにより若干異なりますが、以前まで問題視されていた寿命についても最近のモデルはCCFLと同等の5万時間以上となっています。

 

高輝度LCDディスプレイ 製品一覧

ページの先頭へ
前のページへ