ホーム > CCTV >CCTV監視カメラ内蔵モニター

CCTV - パブリックビューモニタ

使用事例:スタジアム

Public View LCD CCTV Monitor

背景

競馬場などギャンブル施設内の施設改善の目的で、防犯カメラ等の設置に関心が高まっています。
そこには、ギャンブル施設やデパートなど人が多く集まる場所でスリ被害が多発しているという状況があります。最近は、見張り役、実行役、逃走役など役割分担をした集団スリが増えており、モニター設置による広角視野で監視することを強化することが求められます。またリアルタイム映像を公開することで、監視をアピールし、防犯に役立てる監視カメラ内蔵モニターが注目されています。

製品の特長

監視カメラは、通常のままでは人間の目に比べ、明るさに対する順応性がありません。
人間の目には見通せる場所でも、監視カメラを通すと明るいところだけが見え、暗い場所は潰れて映っていることがあります。WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能によるカメラは、強い逆光下や明暗差のある被写体を撮影した際に生じる黒つぶれや白とびを補正し、全体をくまなく見えるように、カメラ内部で調整をします。また、SONY Vertical double interline CCD搭載により、超高画質を実現しました。
モーションディテクション(人感センサー)により、さらに暗がりや死角になっているところにも、スポットがあたるよう即時に反応します。明るくそして超高画質による映像公開により、人々の注目度も高まるため、大変効果的な防犯システムと言えます。


モーションディテクション
(人感センサー)搭載
WDR(ワイドダイナミックレンジ)カメラ SONY Vertical double interline
CCD 搭載

暗がりや死角になっている場所でも、人の動きに即時に反応します。

強い逆光下や明暗差のある被写体を撮影した際に生じる黒つぶれや白とびを補正し、全体をくまなく見えるように、カメラ内部で調整します。


水平解像度560TV本の超高画質を実現しました。

3Dコムフィルター、
ディインターレース、ノイズ削減機能
デュアルスクリーン表示/デュアル信号入力 オートシーケンシャル

エッジをシャープにし、画面全体のノイズを減少させて、暗いところでの明るさを上げることでゴーストを低減します。

ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)モードは、映像上にPCからの映像(又はその逆)を表示することができます。ピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)モードは、画面左右に映像を表示することができます。

オートシーケンシャルにより自動的に映像を切り替えるので、様々な角度での映像の撮影、公開が可能です。


23PVMV

23PVMV

サイズ

推奨最大解像度

コントラスト比

輝度

23"

1920 x 1080 @ 60Hz

1000 : 1 (typ.)

250cd/m2


関連製品


サイズ 推奨最大解像度 コントラスト比 輝度(typ.)cd/m2 インターフェイス カタログ
10PVMV 10" 1024 x 768 @ 60Hz 800 : 1 400cd/m2 BNC Video 1 In / 1 Out, S-Video 1 In, Audio 1 In, HDMI 1 In, VGA 1 In, Camera 1 Out, PC Stereo 1 In 製品カタログ
19PVMV 19" 1280 x 1024 @ 60Hz 1000 : 1 250cd/m2 BNC Video 1 In / 1 Out, S-Video 1 In, Audio 1 In, HDMI 1 In, VGA 1 In, Camera 1 Out, PC Stereo 1 In 製品カタログ
23PVMV 23" 1920 x 1080 @ 60Hz 1000 : 1 250cd/m2 BNC Video 1 In / 1 Out, Audio 1 In, HDMI 1 In, VGA 1 In, Camera 1 Out, PC Stereo 1 In 製品カタログ
27PVMV 27" 1920 x 1080 @ 60Hz 1000 : 1 250cd/m2 BNC Video 1 In / 1 Out, VGA 1 In, HDMI 1 In, Audio 1 In, PC Stereo 1 In, Camera 1 Out 製品カタログ
32PVMV 32" 1920 x 1080 @ 60Hz 3000 : 1 450cd/m2 BNC Video 1 In / 1 Out, VGA 1 In, HDMI 1 In, Audio 1 In, PC Stereo 1 In, Camera 1 Out 製品カタログ
ページの先頭へ
前のページへ