ホーム > デジタルサイネージ関連製品 > デジタルサイネージ

デジタルサイネージ関連商品

PICK UP ALL YOUR NEEDS


キャンパス内での使用事例

飲食店、スーパーマーケット、小売店、映画館、博物館、すべての販売プロモーションや製品・展示品紹介に最適なデジタルサイネージソリューションはここにあります。ディサインでは、デジタルサイネージのハードウェアを構成する液晶ディスプレイ、デジタルサイネージプレーヤー(STB)、モニターブラケット、筐体まですべてのご要望におこたえいたします。

導入事例を見る


デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージは、電子媒体広告として注目を集めています。プリント広告とは異なり、デジタル広告はアップデートが容易であると共に、時間帯を指定して広告を配信したり、動画を流すことにより、よりダイレクトでダイナミックな広告効果が期待できます。広告プロモーション側のみならず、広告の場を提供する側にとっても、マーケットの拡大に繋がります。

デジタルサイネージが選ばれる理由は

10 倍の訴求効果

動画は、静止画(ここで言う静止画は、プリント広告などのように全く変わらない画を指します)に比べ、10倍人の目を惹くと言われています。お客様が関心を持つ、そしてそこから扉が開くのですから、まずはいかに注意を惹くかが第一歩となるのです。

Right Place, Right Time - 適切な場所に、適切なタイミングで

プリント広告は、広告を掲げる「場所」を決めることは非常に重要です。もちろん、デジタル広告もそれは変わりませんが、広告を容易に変えることができることが利点です。またそれだけではなく、スケジュール管理することにより、さらにターゲットを絞ったプロモーションが可能になります。
例えば、大型ショッピングセンターで、午前中は各店舗の商品プロモーションを行い、お昼前にレストラン情報を流し、夕方には食料品売り場のプロモーションを行うということができます。まさに、Right Time, Right Place なのです。

コスト& 時間削減

プリントに掛かる制作費用だけではなく、取付けに掛かる人的費用を削減することができます。

投資収益を最大限に

広告の場を提供する側にとって、投資効果を最大限に引き出すことが可能です。プリント広告は、ある一定期間ひとつの広告に専用されますが、デジタル広告はスケジュール管理することができますので、ひとつの場所を時間貸しすることにより、より多くの広告を配信することができます。発信の場が増える広告主にとっても、広告配信の場を提供する側にとっても、メリットがあります。


ページの先頭へ
前のページへ